技能実習制度のしくみ

●技能研修生受入れ期間について

 

技能実習生受け入れの流れ
1.申し込み
申込書
2.実習生選抜
能力検査・健康診断等の上選抜
3.人材確定
※雇用契約の締結、履歴書を提出 申込金等支払い・必要書類提出
4.在留資格認定証明書申請
JITCO. 法務省による入国事前調査
5.認定証明書交付
6.ビザ申請・取得
7.実習生入国
※入国後、日本語講習受講必須。日本語講習終了後、企業配属

※項目1〜4:約2〜3ヶ月、項目4〜7:約2〜3ヶ月

●基本人数枠

実習実施者の常勤の職員の総数 技能実習生の人数
 301人以上 常勤職員総数の20分の1
 201人〜300人 15人
101人 〜200人 10人
51人〜100人 6人
41人〜50人 5人
31人 〜40人 4人
 30人以下 3人

 

●(参考)現行制度の基本人数枠

実習実施機関の常勤の職員の総数 技能実習生の人数
301人以上 常勤職員総数の20分の1
201人〜300人 15人
101人 〜200人 10人
51人〜100人 6人
50人以下 3人

●受入れ実績

とび(とび作業)、総菜製造業(総菜加工作業)、 婦人子供服製造(婦人子供既製服縫製作業)、 寝具製作(寝具製作作業)、鉄工(構造物鉄 工作業)、電気機器組立(配電盤・制御盤組 立作業)、家具製作(家具手加工作業)、 塗装(建築塗装作業)、溶接(半自動溶接)等

お問い合わせはこちら

問い合わせフォーム